Groupbox validating event

Checked) End Sub Private Sub Radio Button_Checked Changed(sender As System. It shows the correct name but msgbox popup twice for a single choice. Private Sub i Button_checked(By Val sender As System. Event Args) For Each b As Radio Button In grpgodown. Net Question Answer site, specially started to allow visitors of this site ask their doubts and queries. Just click the Ask Now button and ask your question now.but then you run the risk that it will be repainted several times consecutively because of other controls (especially the Parent) Invalidating. Net) handles this is to wait for the Message Queue to run empty and then process all invalidated screen areas.The Margin property tells the location of a Radio Button on the parent control.

groupbox validating event-22groupbox validating event-66groupbox validating event-16

White End Sub Private Sub txt Address_Mouse Leave(sender As Object, e As Event Args) _ Handles txt Address. Clicking on a button, or entering some text in a text box, or clicking on a menu item, all are examples of events. Text = "tutorialspont.com" End Sub Private Sub txt ID_Mouse Enter(sender As Object, e As Event Args)_ Handles txt ID. Mouse Leave 'code for handling mouse leave on ID textbox txt ID. An event is an action that calls a function or may cause another event. There are mainly two types of events: Public Class Form1 Private Sub Form1_Load(sender As Object, e As Event Args) Handles My Base. Mouse Enter 'code for handling mouse enter on ID textbox txt ID. Cancel = true にすることで、他のコントロールへフォーカスが移動できなくなるのはこれまでに説明した通りです。 今回は、Validatingイベント後のフォーカス移動先が、[キャンセル]や[閉じる]ボタンの場合を考えてみます。 前回までに作成したプログラムで実験をしてみましょう。 1.データ1のテキストボックスに「hiros.net」と入力します。 2.[閉じる]ボタンをクリックします。 現在までのコードだと、データ1に不正な文字が入力されている場合は下図のようになり、当然画面を閉じることはできません。 画面を閉じたければ、エラーを修正するしか方法がありません。 上記の問題を解決するには、Validatingイベントを発生させたくないコントロールの Cause Validationプロパティに falseをセットする必要があります。 このように設定を行うと、データ1のテキストボックスに不正があったとしても、フォーカスが[閉じる]ボタンへ移動しても、Validatingイベントは発生しなくなり、エラーを修正しなくても画面を閉じることができるようになります。 次にフォーム右上の[X]ボタンはどうでしょうか。 これも、データ1のテキストボックスにエラーがある場合は、画面を閉じることができません。 この問題は、Validatingイベント内で Active Controlをチェックすることで回避することが可能です。 通常、Validatingイベントが発生した場合は、Active Controlプロパティはすでに次のコントロールになっています。 今回の例では、txt Data1のValidatingイベントが発生すると、Active Controlの値はtxt Data2となります。 しかし、[Esc]やフォーム右上の[X]ボタンがクリックされた場合には、Active Controlプロパティの値は txt Data1のままとなっているのです。 これを図にすると以下のようになります。 以上のことを利用すると、txt Data1のValidatingイベントの中で e. Active Controlがtxt Data1以外のとき の2つを満たしているときとなります。 コード例は以下の通りです。 VBの例 -1 And Also Active Control Is Not txt Data1 Then Message Box. Cancel = True 'txt Data1 にエラーアイコンとメッセージの表示をセット error Provider1.A few years ago I wrote an HTML Editor control that can be used with the . Until recently it lay in obscurity being used from time to time by my and a few other people that found it online.

Leave a Reply